MENU

留学の注意点

 

海外留学をする際の注意点については色々なことがあります。まずはせっかく留学をするのですから、日本人同士で集まらないように努力しましょう。せっかく日本を離れてその土地の語学を学んでいるのですから、日本語をできるだけ使わない生活をすることが大切です。しかし自分のわからない言語だけで生活をすることは一時的に精神的に不安定になったり、ストレスがたまるケースもあります。現地で留学生の友達を見つけたり、現地の友達が出来たりして気分転換が出来れば、語学力がアップするだけでなく、ストレスも解消されます。
日本人と集まって、日本語を話してホッとしたいと思っている気持ちもよくわかりますが、せっかく留学しているのですから、日本人同士集まって日本語を使わないようにしましょう。他にも留学中の注意点としては、留学中に何かあった場合に助けてもらえる場所を確保したり連絡先を用意しておくことも大切です。日本語で対応してくれるスタッフがいるかどうか、現地で日本語が通じる病院があるかどうかなども大切なことになってきます。
留学の時の注意点として他にも、お金について注意しましょう。できるだけ現金を持ち歩かないようにして、何かあればクレジットカードで支払うようにしましょう。クレジットカードは1枚持っていれば、海外旅行保険としての役割もはたしていますから、とても便利で、何かあったときにも安心です。海外留学へ行く際には十分に注意して慎重に行動するようにしましょう。

留学とワーキングホリデー

 

留学のワーキングホリデー制度をご存知でしょうか?ワーキングホリデー制度というのは、制度を行っている国では、外国人が1年間アルバイトをしながら生活できるシステムです。18歳から30歳、一部の国では25歳の人がワーキングホリデービザ申請資格を与えられますから、これを利用して留学をしながら働くことが出来る制度です。ワーキングホリデー制度を利用して留学できる国というのは限られています。日本人留学生の受け入れをしているのはオーストラリアやカナダ、ニュージーランドにフランス、ドイツやイギリス、韓国、この7つの国です。ワーキングホリデーを利用しての留学はメリットが沢山あります。勉強をするためのワーキングホリデーの利用以外にも休暇や社会経験など、色々と自分の自由に設定して海外生活を楽しむことができます。最近は留学を夫婦やカップルでワーキングホリデーを利用していく人も多いのが特徴です。
現地で生活費はアルバイトをしながら確保できますから留学の経済的負担も少なくなるのが現状です。ワーキングホリデーを利用したの留学は、滞在期間が長期ですし、自由に動けること、日本ではできないような海外ならではのアクティビティを楽しむことが出来るのも、ワーキングホリデーの魅力です。留学エージェントでも、ワーキングホリデーについてのプログラムを用意しているところはありますから、一度相談してみるといいと思います。経済的にも社会経験にもメリットがいっぱいです。

留学とホームステイ

 

留学中の滞在先としてホームステイを選ぶ人は多いと思います。留学先の生活習慣や文化を一早く身につけるためには、ホームステイをするのが一番手っ取り早いともいわれています。留学初心者でも、ホームステイをすることで、色々と心配事が解消したり、相談に乗ってくれるホストファミリーも多いといわれています。ホテルに泊まったり、一人でアパートを借りたりするよりも経済的にもリーズナブルな値段で済むことから、留学中のホームステイを選ぶ人は多いのです。
留学でホームステイを選ぶ際に、あっせんしてくれる会社を利用するという場合にはあらかじめ自分の希望をきちんと伝えておきましょう。ホームステイ先のファミリーは色々な人がいます。短期留学、長期留学、ホストファミリーのタイプなど様々です。たとえば大家族の中でホームステイをしたいとか、ペットを飼っている家は苦手だとか、自分のホームステイ先の希望を伝えておくと、ホストファミリーとのトラブルなども少ないと思います。
留学中に、ホストファミリーとトラブルになってしまった場合には、どういった手続きをすればいいのか、相談先などについても確保しておいた方がいいでしょう。意外とトラブルなどは起こりやすいとされていますから、留学エージェントなどを介して利用する場合には、ホストファミリーとの間に起きたトラブルについて相談できる環境にあるかどうかも事前に確認した上で留学するといいでしょう。